中華タブレットを衝動買いしたら結構良かった

 

病院の帰り道、いつもの通り秋葉原のDosV通りを歩いてたら、中華タブレットを発見。

流行の7インチです。

 

値段を見てビックリ.....1万円以下で買えるとは.....

なので、これを衝動買いしました。

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

m704s_box(3)

 

 

スペックもCortex-A9の1.6GHzのデュアルコア、OSはAndroid4.1.1なので、申し分なし。

内部ストレージが8GB、バッテリーが3000mAhと少ないものの、原道N70双撃(Android 4.0.4)とほぼ同じ仕様です。

 

 

Nexus7と違ってストレージとして32GBまで増設できます。

HDMIも使えるし、これだけそこそこのスペックで、1万円を切る値段なら、即買いでしょう。

 

バッテリーは、ボックス表示を見ると、3.7V 3000mAh......ちと少ない気がしますが、そこは中華パッド、

お遊び用として買ったわけです。

m704s_box_3000ma(2)

 

 

で、家に帰ってまず確認、いきなり裏カバーを外して2つに分解。

中を見て、やはり中華だなあ.....と、思っていたら、なんとバッテリーのプリント表示が「3.7V 3700mAh」となっている。

 

m704s_3700mah(5)

 

....ということは、ボックスの表示が間違っているのか、それとも製造過程で間違って「3.7V 3700mAh」を取り付けたのか。

ま、3700mAhであれば、普通に使用する分には1日は持つでしょう。

ボックスの表示では、バッテリー「3.7V 3000mAh」ですが、中身は「3.7V 3700mAh」だったということです。

 

でも、バッテリーの仕様が、ボックス表示と中身が違っているところも、中華らしいなあ......と。

なんか、得した気分です。

 

操作感は、思いのほか結構良いです。

 

今持っているNexus7(16GB)と比べて体感的な差はほとんど感じません....ということで、

さっそくベンチ測定。

 

結果、こうなりました。

 

1358679787261 1358679919744

 

解像度は、1280と1024の差はありますが、Nexus7より若干上をいってます。

思っていた以上に速くて、安く使えるタブレットとしては、合格点でしょう。

M704S(恐らく恵安製)ノーブランド

 Playストアも、とりあえずOK. 日本語化済みです。

 

中の作りは、雑だけど体感ではNexus7とほとんどかわらないし、結構面白いことも出来そうです。

思ってた以上に中華パッドも結構良くなってきてるし、壊れたら買い替えると割り切って遊びに使うには、もってこいの一品だと思います。

.....っていうか、遊びじゃなくて、ビジネスにも使えそうです。

これ、おススメです。

 

カテゴリー

アーカイブ