建築設計-個人相手のプレゼンをどうやる?

 

プレゼンをどうやる?

設計を個人から受注するのは、とても難しいことだと思います…..私も同じです。


いかに建主になってもらうか?…..プレゼンをどのような形で持って行くか?……腕の見せ所ですよね。

私の設計屋仲間もさすがに、図面だけでプレゼン・打合せをすることもなくなりました。

ホームデザイナーを使って作ったパースを持っていったり………、でもなかなか決まらなかったりして……..、

「先方に3時間いたけど、なかなか決まらないよ」って……huuuum、なんか時間もったいないような気がします。

自分が思うに、時間をかけても決まらないものは決まらないし…..

時間をかけなくても、決まるときはすぐきまるし……、

それがわかれば、3時間も先方で粘る必要もないでしょ?

自分は、先方にいる時間は1時間前後と決めています。

最近の依頼者のかたは、かなり勉強しているかたもいらっしゃるので、その分、先方に見てもらう、検討していただくものは、全て
置いてきます。

相手にもよりますが、ここで私がやってる方法を紹介します。

紙の打合せ用図面・資料と一緒に、CDも置いてきます。

CDの中身は、たたき台プランや基本プランのCADデータをWordファイルなど(ベクターデータそのままでもOKかも)に貼り付けたものと、それらに対する概算の見積もり、3DCGのパースなど皆さんご存知のもの数点です。

なぜこのプランが良いのか?….などもしっかりたくさん説明を入れておきます。

これらを、Directorコンテンツにオーサリングしてしまいます

…….資料がそろっていればオーサリングパッケージするのも、テンプレートを作っておけば2時間ぐらいでできてしまいます。

私の場合は、PCに入れると、自動起動でメニューが立ち上がるようにもしています。

当然メニューの一番下には、電話番号などの連絡先を見えるようにしておいて、なにかあればその場で連絡先がわかるようにしておきます。

後は、先方に伺ったとき最後に見ておいてくださいって置いてきます

……..熱心な方だと、会社にまで持っていって会社のPCでじっくり検討していただいてるようです。

早い場合は、だいたい2回ぐらい足を運んだ時点で、「それじゃお願いします」って、言ってもらえることが多いです。

 

Directorをお持ちでない場合は、PowerPointでも代用できます。

やってみてください……時間の節約にもなるし…….。

ただし、なんのリアクションもない場合は、きちんと理由を言って資料を早めに引き上げることも忘れないでください。

モラルのない方は、他の業者に自分の資料を見せてしまうことも考えられますので…….。

アイデアをCDに詰め込んで、頑張りましょう!!

 

カテゴリー

アーカイブ